まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
背後に
2007-02-19-Mon  CATEGORY: ゲーム・アニメ
SoulCradleのパッケージから発せられている(気がする)恨めしそうなオーラが気になります。

あと1週間、我慢我慢……
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
おとめでぃうす
2007-02-19-Mon  CATEGORY: ゲーム・アニメ
幕張のコナミブースで発表されていたらしい筐体STGだそうです。
キャラデザはケロロの人だということ。
グラディウス系(と言っていいのかは分からないけど)のシューティングって、プレイしたことがないのですけど、どうなんだろこれ、って感じです。

昔(といっても以前のMSNブログ時代ですが)STG含むゲームの『キャラ萌え』について肯定側で記事書いたことがありました。
その時は、新規顧客獲得のための『ゲーム世界への導入』としてのキャラクターの存在に焦点を当てていましたっけ。
STG始めとする筐体ゲーの萌え化・既存作品からの派生品製作は今に始まったことではなくこれまでも行われてきているわけですが、エグゼリカやCAVEのちょっとずれた萌え要素導入とか以上に、グラディウスみたいな、歴史のある横スクロールSTGシリーズがこういうのを取り入れるのは、やはりファンにとっては辛いことなのでしょうね……

まぁ僕自身はオトメディウスも、こうやって(良い意味でではないけど)話題に上って知ることが出来たわけだし、面白いか、或いは自分が楽しめるのか試す気ではあります。
ちょっと上に出したエグゼリカだって僕はプレイしてて楽しかったですし(擬人化スク水格好いいと思っちゃったし)、STGじゃないけどアルカナハートとかも面白いと思いますよ。
鋳薔薇やピンクスイーツの悪趣味な世界観は好きだし、かといって怒首領蜂やストライカーズみたいなガチガチのも嫌いじゃない。
つまるところ自分は、自己満足(中身にせよ、それ以外のキャラ要素にせよ)できて、かつ打ち込めればなんだって構わないわけです。
他人からすれば喩え駄作でもそう受け止めず、満足できるタイプの人間……要は節操無しなんですよ。もっと悪く言えば、こう言ったゲームに関して(好き嫌いは兎も角)明確なポリシーがない。
こういう人間は、本当にそのジャンルが好きな人にはやっぱり嫌われるんだろうなぁ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
くろきん
2006-11-13-Mon  CATEGORY: ゲーム・アニメ
黒木君(のだめのオーボエ奏者)おたんじょうびおめでとー!

……え、それだけかって?
それだけです。
体調が悪いので、コレにて失礼

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
何だか……
2006-11-03-Fri  CATEGORY: ゲーム・アニメ
最近は少女漫画とかばっかり読んでます。
本棚からのだめやゴーストハントやプリーティア引っ張り出してまたよんでたりだとか、紳士同盟読んでたりだとか。
ああ、るろ剣は読んでるか……

思えば、僕の読んだことある漫画って、7割近く少女漫画の類なんですよね……ここんとこ読み返してます。
目が異様にきらきらした小学生が読んで喜びそうなのは、今は兎も角として。
(でも種村センセの絵は今でも好きだー)

その一方でアニメは巨人の星なんだから、つくづく節操がない((
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
お母様の先輩
2006-10-31-Tue  CATEGORY: ゲーム・アニメ
雰囲気を変えてみました。
でもこのテンプレだと、リンクが見えない……今日限定かな。

さて、タイトルの件について。
夜、一段落ついたので一階に下りてみると、丁度家族全員、雁首揃えて巨人の星を見ようとしていたところだったのですよ。
親父や母は直撃世代だから良いとして、妹まで交えて、というのは改めて思うと、かなりすごいのではないでしょうか((

折角なので僕も視聴。
飛雄馬が自分のピッチャーとして致命的な問題点を見つけるべく、雪山で特訓する、いかにも男臭い話です((
で、見終わった後にちょっとした会話をかわしたのですが……
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。