まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
後輩達の卒業記念冊子に、作品を載っけて貰えることになったのでちまちま書き始めています……

が。

やばい、おもいきり文章が下手くそになってる……
いやまぁ、この一年、ほぼ何も書けなかったから当たり前と言えばそうなんだけど……
それに、PBWでの「わたくし」調で離すのになれてしまったのか、三人称視点がしっくりこない。

どうしたものか、あまり稚拙な作品を卒記に寄稿するのもなぁ……

取り敢えず一片、今まで書いた物を無かったことにして、に詰め直そうかな……
つづきを表示
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
燃え尽きる
2006-10-25-Wed  CATEGORY: 短編・詩・その他文章
霜月はるかさんの所で、この冬発表予定の『Maple Leaf Box』に収録される楽曲の歌詞募集をしているそうです。

中途半端に空いた時間を使いながら考えているのですが、なかなか難しいです。
ト書きで書いた物を、メロディラインに合うように書き換えるのが大変で……
内容は粗方決まっているけど……はて、どう弄ったものか。

作詞作曲できるひとは、本当に凄いですね……(・ω・;)

イラストの募集もあるようですし、興味のある方、参加してみては如何でしょう?

http://shimotsukin.com/(Maple Leaf)
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
クソ忙しいときに限って
2006-02-06-Mon  CATEGORY: 短編・詩・その他文章
すごいよさげなアイデアや台詞が浮かぶから、質が悪いですね

=メモ=


・それは確かに目の前にある風景で、けれども何処にもない風景だった
・「きっと、帰っちゃったんだ」
・「……ひどいな、おいてけぼりなんて。ここには、何も残って無いじゃない……」

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
某所に投下した文
2006-01-16-Mon  CATEGORY: 短編・詩・その他文章
一段 一段 積み上がる

私が腕を動かすたびに 四角い影が少しだけ伸びる
私が涙を流すたびに 四角い影が少しだけ笑う
私が胸に手を当てるたび 小人が一歩階段を登る

赤く乾いた途を 一人歩く
積み上げてきた 掌大の想い出を拾いながら
ああ その場所に向かおうとする私は何故に登る

かつて隣で笑っていた少女に 許しを乞うつもりなのか
それとも単に 救いが欲しいからなのだろうか
ああ この場所に立つ私は何を求める
夕日に赤く乾いた <煉瓦の塔(過ぎ去りし過去)>に

私の足が加速度を持ち 私の足が塔を砕く
それから私は いつものように決まり文句を言うのだ

「らしくもない、な」 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
管理人メモ
2006-01-09-Mon  CATEGORY: 短編・詩・その他文章
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。