まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
地雷
2006-02-23-Thu  CATEGORY: 雑感
久しぶりにはづ姉さんのBlog読んだら践みました。


・今、どこに居る?
家のPC部屋

・今、一番近くに誰が居る?
球対称圏内では祖母が一番近いと思う。

・今、どんな服装?
パジャマに黒のジャケット

・今、何食べたい?
チョコ

・今、何飲みたい?
お茶

・今、真後ろには何がある?
椅子の背もたれ。
或いはハロゲンヒーター

・今、まわりを見渡して、いちばん目についたものは?
Chronicle 2nd検証用に打ち込んだ歌詞。
議論されてるコーラス部分とか、ルビを振って議論しやすくしたのを大分前にプリントアウトしたのです。

・今、誰に会いたい?
後輩に会いたい

・その人に今伝えたいことは?
やっぱお前が一番可愛い

・今一番歌いたい曲は?
Ark

・今頭の中でパッと思い浮かんだ言葉もしくは台詞は?
楽園へ帰りましょう

・今すぐこのバトンやってもらいたい人
見た人全員らしいです


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
the author
2006-02-19-Sun  CATEGORY: 雑感
ゆーり嬢のとこの記事が、丁度進行中の作品に関わってるので関心を寄せてみたり。
や、コメントって程じゃないからトラバなんだけどさ。

現在星海恋盟と同じくして書いている「the author」予告だけしておくと、運命を綴る女神を中心とする幾つかのオムニバスと言うことで考えています。
世界観は新機軸になるのかな。割とSHの影響受けてるところがあって、プロット見直したときに凹んだけれど……
思いついたのは物理の授業中、所謂ラプラスの魔の話かな。
要は「質量×加速度ベクトル=力ベクトル」っていう慣性系に於ける法則・運動方程式の議論なわけだけど。
(一応文系の子&中学生の子に説明を入れておくと、運動方程式っていうのは、ニュートンの見いだした物体の運動を巨視的に見たときの法則。
時々刻々変化する力の関数が測定できれば、実は位置・速度・時間の情報というのが簡単な数式で出てきてしまうのです。尤も、その力を見つけるのが大変なんですけどね。)
古典力学の世界は、運動方程式の世界です。ma=F(発表された時は形がまた少し違って表されてたんだけれども)というなんとも単純な数式で表現できるのは、ある種運命的だよなぁ、ってとこからがスタート。

まぁ、四月になってからぼちぼち本格的に再動するので乞うご期待(笑
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
SHの
2006-02-18-Sat  CATEGORY: 雑感
SSを書くとしたら、何を書こうかな、とふと考えたので、メモ書き程度に記載。

=曲=
 Elysion中のArk。聖戦は好きだが世界観が出来過ぎてるので二次創作が憚られる。

=Arkについて=

・SSを書く上での曲中の解釈として、以下の点をまず前提とする。
 1.世界観は近未来のラボ。記憶・人格、またはそれに類するものの研究機関。
 2.ソロルとフラーテルの関係は、記憶・人格の書き換えによる『歪な愛の記憶』、
 即ち近親相姦の感覚を共有しているとする。
 3.時間軸は『6月の雨の日』→『2月の雪の日』

・SSにおける創作の余地(思いついた順)
 1.『同じ心的外傷』――とは何か
 2.『我々を楽園へ導ける方舟は哀れなる魂を大地から解き放つ』――我々の指す内容。解き放つは恐らく兄の殺害
 3.『冷たい言葉』――兄の妹に対する拒絶と書き換えのプログラムを同列に扱えないだろうか
 4.『信じていたその人に~進行という狂気』――妹の精神的な崩壊の過程。Arkを手にするまでの経緯。
 5.『在りし日に~少女の声色で囁く』――花弁の内容。暗闇に、の部分を妹自身の破滅と捉えることは出来ないだろうか。
 6.『仮面の男が立っていた』――結局妹自身も「楽園(Abyss)」に帰ってしまったのではないだろうか。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ファントムキングダムの
2006-02-14-Tue  CATEGORY: ゲーム・アニメ
七話のモロコシで大爆笑してました。
何やってるんだorz
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
職員室の匂い/職員室の空気
2006-02-12-Sun  CATEGORY: 雑感
前者は好きです。
珈琲と緑茶の匂いが混ざったあの匂いが好きなのです。

でも後者は嫌いです。
多勢に無勢感漂うあの空間が嫌いなのです((
……え、祝日に何でこんな事かくかって?

今まで逃げに逃げ続けてきた塾の面談に、召集が掛かったからです。
嫌いなんですよ、チュータールーム。
珈琲も緑茶もない、多勢に無勢+威圧感がどーにも……

まぁ、そんだけです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
暇を視て
2006-02-11-Sat  CATEGORY: 雑感
よく見ている好きな音楽サイトがあるんですが、その何日か前の日記にこんなのがリンクされてました。

http://www.goisu.net/cgi-bin/psychology/psychology.cgi?menu=c045

腹黒さチェック。
試しに軽くやってみることに。

>>>>>

あなたの【腹黒度】がどれくらいかを診断してみました。


あなたの【腹黒さ】はこんな感じ!

あなたの腹黒度は最高レベル【心身ともに真っ黒な人】のようです。

生まれ持って腹黒な気質のあなた。善人のかけらもないようです。
それはもはやあなたのせいではありません。
あなたにとっては自分の欲望に忠実に生きているだけで、自分が腹黒いという自覚さえないかも知れないのです。
しかし広い社会において、あなたの存在はきわめて危険度が高いといえるでしょう。
もはや更生することは不可能ですから、これからも素のままのあなたで生きてください。

魂の黒さ  100%
心の黒さ  23%
ルックスの黒さ  7%
輝く白さ  100%

>>>>>>

……や、でも! 輝く白さと魂の黒さが1:1らしいので、別にそう大して悪い訳じゃないですよね。

ね。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
同志
2006-02-07-Tue  CATEGORY: 雑感
同じ大学を目指していた同志が、急遽入院することに。
シャーペン借りっぱなしだったのをネタに、『それは俺の形見だと思ってくれ……!』って、おいおい。

聞いて以降、複雑な気持ちでイライラしていましたが、まぁ出来ることがあるでも無しに、ゆっくり療養して、はやくなおしてもらいたいもんです。
君が居ないと、身近に笑顔分が足りなくなったような気がするぜ((

がんばろう、自分。勉強頑張ろう。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
嬢ちゃん
2006-02-07-Tue  CATEGORY: 雑感
悪い習慣からなかなか抜け出せないっていうのは、誰が一番辛いかって、多くの場合は自分なわけです。
自分を変えていくことほど難しいことはない。
例えば、何か失敗をして、そこから学んだことはきっと多いんだろうけど、しかしその事件がきっかけで生まれ変わったわけではない。
小さい失敗を繰り返しながら、少しずつベクトルというものは修正されていくのでしょう。

////

後輩に以前、『先輩って女性的な面がありますよね』と言われたことがありました。
ネットで『神無月淺日』と言う人間は、実を言うとあまりロクな人間ではなかったのです。
何時だったかも書いたかもしれない、古いアルバムの話。
僕は今でも人を傷付けますし、嘘をつきます。
後悔したりすることもあるし、八つ当たりしたくてしょうがないときもあります。
それでも、自分の気持ちにだけは嘘をつきたくはない、嘘はついていないと断言できます。
『その場その場での真実を積み重ねることが、大いなる偽善を生み出すこともある』
水谷先生が公演でも、そして本の中でも言っていたことなのですが、確かにそれは在ると思います。
現実に僕は、とある人と以前仲違いしてしまったことがあるのですから。
それでも、僕は僕であることを止めることは出来ないし、したくない。
傲慢の上に立ちながらも、御大切を抱く人は居ますし、ごく僅かではあっても、慕ってくれる人間が居る限り。
僕はその時、確かに幸せなのです。


今朝夢を見ました。昔書いた小説・『天使宣言』の主人公『天音』と向かい合う夢を。

「幸せになりたい、ぼくは、幸せになりたい!」

心の中に多くのキャラクター達を住ませている僕ですが、とりわけ付き合いの長い丘嶋祐樹(元は神無月祐樹。僕の『神無月』の名前はここからとってます)と御風天音。好きな人に向ける冷たい態度と無防備な笑顔……天音は、今にして思えばちょっと前流行った所謂『ツンデレ』の類だったんでしょうけれど。

……きっと僕は、<お嬢ちゃん>……天音に似てしまったのでしょうね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
長文失礼しました
2006-02-06-Mon  CATEGORY: 雑感
そう思うなら纏める努力をしよう。

でも、こういう事を書く人間の投稿した記事っていうのは、大概短く拙いもんなのです(あくまで経験則ね)。
PBWのPL注とかにも言えることだけど、そう言った断り書きを書くことでフォローになる(PCが超失礼な性格の場合等々)こともあるけれど、特に書かなくても良い場合に断り書きが書かれるのは如何な物か。
自分の文章に対して、それ単体では自信が持てないという証拠でもあるわけで……それを丁寧語や免罪符と勘違いしてる人は多い気がしますよ。

でもそういう風潮があるのかなぁ、中学生とかその辺りの年齢層の書き手には。
活字離れや、硬い文章が書けなくなってる傾向は文芸部の子達にもみられたけど、あの年齢層は特にアレなんだろうなぁ。
それ以下になると、文章になってない&礼儀が通ってないっていう別の問題が発生するわけだけど。
(良く言われる厨房っていうのは、実際の中学生年齢では少ないような気がするのです。これも経験則)
よく言われる事だけど、『電子メール・掲示板への書き込み方』ってやつを、形式や使用方法だけでなく、内容自体に突っ込んで教えていく必要はあるんでしょうね。それとかほら、学校内のネットワークにおけるBBSを設置して実習してみるとか。んー、良くはないかな……どうなんだろ。
少なくとも、普通科で数学とかの教員が情報の講義をちょろっと触るぐらいじゃ話にもなりませんよ、と。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
クソ忙しいときに限って
2006-02-06-Mon  CATEGORY: 短編・詩・その他文章
すごいよさげなアイデアや台詞が浮かぶから、質が悪いですね

=メモ=


・それは確かに目の前にある風景で、けれども何処にもない風景だった
・「きっと、帰っちゃったんだ」
・「……ひどいな、おいてけぼりなんて。ここには、何も残って無いじゃない……」

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
管理人独り言
2006-02-05-Sun  CATEGORY: 雑感
昨日ぐらいにD氏について書いたとき思い出したんだけど、彼が捕虜にしたスズメバチはどうなったんだろうなぁ……

コンビニの80円のゆで卵の空きパックで、ひょいっと捕まえてしまう彼はやっぱりすごいと思う まる
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
D氏の名言
2006-02-03-Fri  CATEGORY: 雑感
僕の友人D氏の紹介。
博識で思慮深く、何事にもあまり動じない(っていうかケツに火がついても焦らない)豪胆の持ち主で、高校生活の中で尤も身近な人間の一人です。
彼は普段びっくりするほど好青年なんですが、ふとした拍子に、さらっとすごいことを言い出します。
心に残った名言をなんとなく掲載。

『じゃあネコミミメイドはどうだい(文芸部最初の作品の内容について相談したとき』
『ガキは女の内に入りません(某ゲームの主人公の台詞を堂々と』
『顔のない月はPS2移植したらまったくもって価値のない作品になる』
『脅迫の自由、正当化の自由、暴力の自由(某正義の国に対する批判』
『(センター試験直後)なぁ、一緒に海に逝かないかい?
『(志望大学変更の時)もう、西国に落ち延びるしかねぇ……』

人間、たまにはネジが外れた方が人間味が出るってもんです
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
落ち込んでる訳じゃないんですよ。
受験を投げたわけでもないんですよ。

ただ、今この時期にドラクエⅤとGALZOOに手を出してしまっただけで……
その、まぁ、なんだ。
現在どっぷりつかってます_| ̄|○

うおお、早くこのゲーム地獄から抜け出さなくては……!
とか思ってる隣で封華達妹sがドラクエⅣやり始める始末……

『死んだ人間は強いが、生きてる人間は弱い(byジャン』
ページトップへ  トラックバック0 コメント0


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。