まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
成分分析
2006-03-31-Fri  CATEGORY: 雑感
あるところの日記に張ってあったので、妹とおもしろがってやってみました


神無月淺日の成分解析結果 :

神無月淺日の41%はやさしさで出来ています。
神無月淺日の29%は波動で出来ています。
神無月淺日の24%は陰謀で出来ています。
神無月淺日の5%は根性で出来ています。
神無月淺日の1%は気合で出来ています。

---------------------

詩鉄封華の成分解析結果 :

詩鉄封華の61%は着色料で出来ています。
詩鉄封華の33%は不思議で出来ています。
詩鉄封華の4%は成功の鍵で出来ています。
詩鉄封華の2%は玉露で出来ています。

---------------------

黒月アサヒの成分解析結果 :

黒月アサヒの46%は波動で出来ています。
黒月アサヒの34%はビタミンで出来ています。
黒月アサヒの14%は知識で出来ています。
黒月アサヒの4%は血で出来ています。
黒月アサヒの1%は希望で出来ています。
黒月アサヒの1%は食塩で出来ています。

---------------------

(アサヒの本名)の成分解析結果:

の69%はミスリルで出来ています。
の19%は歌で出来ています。
の7%は真空で出来ています。
の1%は電力で出来ています。
の1%は食塩で出来ています。
の1%はお菓子で出来ています。
の1%は宇宙の意思で出来ています。
の1%は運で出来ています。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
妹よりちょっと先にアルトネリコクリア。

感想
・曲はまぁまぁ。ヒュムノス・パージャが気に入ったかな。
・いっそのこと男性陣は声無しにして欲しかった。微妙に苦痛。
・Phase3クロニクルキーの件。2つ下後輩が以前書いた小説の主人公を彷彿(笑
 流石に一晩くらい考えてやっても良かったんじゃないか、ライナーよ。
・エロは別に問題ないと思ったり。CSLv6以降は殆ど煩悩の塊みたいなもんだし。

所々イラっとくるストーリー展開が在ったんだけど、なんだかシュレリアの「ソリッドうさこ」と音楽の良さに絆された感じ。
それでも久しぶりにクリアまでいった、ってことは悪くないゲームだったのかな。
二周目は流石にだるいので却下、封華がクリアした後で中古売りして、その金でサントラでも買おうかな。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
職業:無職
2006-03-24-Fri  CATEGORY: 雑感
もう一年勉強すると決めたとき、最初に立ちはだかった大きな壁です(笑

スーツ買いに行くときも、市民救命講習の申し込みするときも……orz
や、「予備校生」だって全然構わないのだろうけれど、講習の申し込みの時は向こうから「いいでしょ無職で」とか言い出すし……!
僕には結構堪えました……

>The Author
一日数行ペース、なんたる遅筆か!w
それはきっとあれだ、ディスガイア2とアルトネリコが悪い。
CSLv8のオリカ大好きです、ホント大好きだあれは。
台詞が15禁っぽいのがまたなんとも……((


>SH
ここ数日動向が慌ただしいですね。
昨日はRevoさんのところでコメントも出てましたし。
ミニライブのキャスティングを見た辺りから、予感しつつもあんまり考えないようにしてたこと。
でもその実、実情だった様なので何とも微妙ですが。
まぁ終わったこととやかく言っても仕様がないですしね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
近況報告
2006-03-18-Sat  CATEGORY: 雑感
妹がPCの前からどいたので、つらつらと。
面白いかどうかはさておいて……w

えーっと、とりあえず国立の後期日程こなしてきました。
日時は先週の日曜、場所は山陰・鳥取。
新幹線で京都までいった後、スーパーはくとで鳥取駅……って感じでした。
土曜日に移動して、日曜日試験でした。
で、土曜日。
はくとの中でぼんやりしてたら、霧だか靄だか、とにかく視界が真っ白になりました。
明石のあたりだったかな。
あの辺は時折ああなるのだろーか……?
姫路あたりで意識が一旦途切れて、鳥取の近くまで来たときは所々雪が残ってました。
や、むこうだとさして珍しくないのかも知れないけれど、東海地方は雪が少ないのです。
だからなんだ、っていやそれだけなんですけど((
結局4時間ほど電車に揺られて、14時頃鳥取着。
チェックインには早いので、その後バスにのって砂丘みてきました。

感想:砂と水たまりとコケ

ROの友人にはロマンがないと言われましたが、思ってしまったんだから仕方がない((
観光客に踏み荒らされてますしね。まぁ、風紋とか見れたので良し。
で、引き返そうとしたとき、ふと足下を見るとコンビニのビニール袋が。
『やっぱゴミとかあるんだなー』とかおもいつつその少し前方を見遣ると、誰かの脱ぎ捨てた靴下と、さびた空き缶。
何か運命めいたものを感じた僕は胸の中で神を仰ぎました。
「ああ、神様あんた、
    俺 に 拾 え っ て か ?」
はい、拾いました。丁度袋一杯分。
焼却炉の性能の違いなのか、土地柄なのか、分別はわりと大雑把だったので楽でした。
でも、鳥取くんだりまで出向いてごみ拾いしてる僕って一体……とおもうと哀しいものをおぼえたり。

紆余曲折を経て、ホテルに入った後は食事してシャワー浴びてベッドに倒れ込みました。
しかし、やることがなかった。
テレビ見てるかラジオ聞いてるか、或いは知り合いに電話してるか。
結局10時前に寝てしまいました。

次の日は普通に大学まで行って受験してきました。
結果は……よくわかりません(ぁ
や、だって国立の数学は結局どこ行ったって難しいですよ((
この日は取り立ててなにもなく、やっぱり電車乗って帰ってきました。

で、ここ数日。
基本的には勉強してるのですが、時々散歩したりもう少し激しい運動したりで、比較的健全にやってます。
え、つまんない?
日常なんてそんなもんです。

……ああ、でも今日は友人丈太郎氏が来訪しました。
前から漫画だの小説だのゲームだの預かってたのですが、昨日引き取っていいか尋ねてきたので、今日の朝『夕方頃』と返信しておいたのです。
彼は今回時間を守ってやって来ましたw
逆に僕が昼寝後の寝ぼけ頭で、よく分からないことになっていましたが……
一旦ちょびっつとメルブラだけおいて売りに行った後、再び戻ってきて残りを引き上げていきました。
その後ちょっとした交渉の後雑談。
「そうだ、お前にみせたいモノがある」
と切り出すと丈太郎氏は、あろうことか着ていた上着を脱ぎ、更に下のシャツまで脱ぎだして僕に左腕をみせてきました。
その腕には注射器の跡が……

「俺、やっちまったぜ……」とか言い出す丈太郎。
「ん、お前薬でもやったのか?」

少々の間の後、

「いや、献血」

取り敢えずおふざけで笑い飛ばしながら軽くビンタ。
しかし懲りない丈太郎。
「イヤー、タスケテー、襲われるわぁーっ」
とかひとしきり騒いだ後、そこが僕の家の中であることに気付いてイソイソ服着だしてました。
結局何がしたかったんだ、太郎よ((
取り敢えず帰り際の彼はとてもすっきりとした顔をしていました。
なんのこっちゃ。

後は遅筆ながらThe Authorの執筆と真ん中の妹・封華が廃人狩りしていたぐらいでしょうか。

また、定期的に日記はつけていこうかな、と思う次第。

つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
SoundHorizonと音楽と物書きと
2006-03-11-Sat  CATEGORY: 雑感
時間があいたときにAuthor書いてるのですが、煮詰まったのでちょっと別のこと考えてみます。
折角DVD届いたわけですし、SoundHorizonのことも絡めて。

まず、これはいろんな所で言われてることだけど、SoundHorizonは大衆には受け容れられない音楽であること。
はっきり言って個性が強すぎる。
聞きやすさやありふれた感覚、旋律・言葉の綺麗さ(=わかりやすさ)は日本的な大衆文化の目に見える側面だと思っている(専門じゃないから真に受けないように)んだけど、真逆をいってる。
ですから興味のない人間にとってみれば、一部ファンとSoundHorizonとの間での熱狂にしか見えなかったり、或いは所謂「文化祭カフェ」みたいな雰囲気を感じたりするのも当然なのですよね。
Amazonのレビューを眺めてみると、その類の感想は事ある毎に書かれています。
これはもう、1ファンとして自分も否定できない。

では、音楽としてはどうなのだろうか。
とはいえ、その為に必要な『何を持って「音楽」と呼ぶのだろうか』、ということを考えたときに、大げさな定義や歴史的な背景を素人がソースも無しに考えるのは烏滸がましいっていうか馬鹿らしいわけで、具体「的」な事をぽつぽつと例に挙げながら考えてみます。
まず、先に挙げた日本的な大衆音楽、ひらたく言っちゃえばJ-POP。
全体的にテーマの独創性が希薄なのが特徴かなぁ、と思ったりするわけだけど、大衆音楽なんだからまぁもっともな事なんだろう。兎に角、これは音楽であることは間違いない。
では何のための音楽か。
一番最初に思い浮かんだのは『金を稼ぐための音楽』。……荒んでるな、僕よ。
や、J-POP好きな人には悪いけど、実際そう言う側面が在ると「思ってしまう」んだから仕方ない。
観客を愉しませるのは、どこかで自分が愉しむ為の金を稼ぐためである面は少なからずあると思う。
とはいえ、それは『自分を表現する為の音楽』と密接な繋がりがあることは間違いない。それが「本」にせよ「末」にせよ。
『金を稼ぐための音楽』場合、『金を稼ぐこと』を実現する為の手段として『音楽』が存在し、それは間接的に『金を稼ぐ自分』を反映する事となる。一時近似とこじつけをして見れば、それは『金を稼ぐ手段に音楽を選んだ自分』の表現として見れなくもない。

次にヴィジュアル系・パンク系。ヴィジュアルでは僕はガゼットとかわりと好きなんですけれど、彼等の奏でる音楽は基本的に大衆向けではありません。
むしろ独我的嗜好の強い、『表現する為の音楽/吐き出すための音楽』でしょう。
奇抜な衣装や、退廃的・耽美な作風。毒々しく、もっと言ってしまえば下劣な歌詞は、どう考えたって大衆向きじゃない。
むしろ自分やそれを取り巻く社会に対して喧嘩売ってる様にさえ思えますし、また彼等の中には、自分の中の深層の表現を追い求めるあまりに自身が退廃・自傷していくタイプも在るようです。
若い子(どっちかといえば女性ファンが多いのかな?)にはそう言う彼等の歌やライブの様子に対して受け容れ可能・共感可能な子達が少なくないのは、容易に承知してもらえるかと思います。

さて、もう一つ。件のSoundHorizonです。
彼等は同人サークルとして活動を出発したグループです。
元々同人活動は、趣味の合う仲間達(俗に言うヌルヲタを含む、オタク人種)の範囲で愉しみを分かち合う文化なので、当然と言えば当然なのですが、一方で同人は自分というものの表現に対して、商業と比較して圧倒的に制約の少ない状態で臨める文化の一つでもあるのです。
その性格を引き継いだまま商業参加している以上、『表現するための音楽』が前面に押し出され、それがSoundHorizonの本質になっているわけなんですが、『現実の閉鎖的オタク文化』に耐性のない人々には、ヴィジュアル系以上に敷居の高い音楽になってしまっているのだと思います。

徒然なるまま生み出されたコンテクストから、うん、どうやら音楽とは『表現方法』の一種と「大きく」括ることが出来そうです。
何を当たり前のことを、と思った人、ひょっとして数学が苦手なんじゃないですか? 僕も苦手ですけど。
では本当にそう呼べるのか。
音楽は歌うだけ、奏でるだけ、ステージで踊るだけが音楽じゃない。
『趣味:音楽鑑賞』なんて、調査書か何かに書いたことがある覚えはありませんか?

それについても少し「考えて」みましょうか。
音楽の発信源とその受信者は基本的に異なる訳ですが、その受信者には、それぞれの『趣味』というアンテナが突き刺さっています。
まぁ、そうですよね。似たようなことはさっきまでの中にも書いています。
仮に『音楽は自己表現の手段』であることが正しいとした時、受信者は音楽を通じて、結果的にその発信者自身を受信していることとなります。
この時、『音楽』は発信者と受信者を繋ぐ『メディア』の役割を果たしているわけですよね。
するとこの場合、私達はメディアを通じて発信者の表現するテーマを趣味に沿って捨取選択してる事になり、例えばそのテーマに「割と想像可能な愛や恋・希望・優しさ・信念・etc...」といった大衆に受け容れられているものを持ってきているのがJ-POPなのだろうし、Elysionみたいな『イメージしにくい恋愛・死・喪失・終焉』をテーマに持ってくるSoundHorizonは、何度も言っているように大衆には受け容れられないのです。
何が言いたいのかと言えば、『表現』である以上、音楽はその為のメディアの一つに過ぎず、不特定多数に送信されるメディア自身が受信者を選定するという言い方は出来なくなり、一方娯楽として音楽鑑賞を捉えている人間は、その実自分自身の趣味をメディアを選り好みする事で表現していると言い換えることができるだろう、そしてその表現が所謂『娯楽としての音楽鑑賞』の主たる面なのであろうという事です。
大げさに聞こえるかも知れないけど、言ってることは普通ですよね。
屁理屈だと言いたい人もいるだろうけれど、この『音楽は自己表現の手段』という仮説にとりあえず矛盾は無さそうですよね。

選り好みは価値観、即ち相対的なものですから、優劣を付けたとしてもその全てが正しいという結果になり、最終的に音楽としての在り方に是非を問うことは不可能になってしまう訳です。
ふう、長くなりましたが、やっと僕なりの結論が出ました。
結論:自分の好きな音楽には胸を張って良い。それは正しい。
   故に「僕の好きな」SoundHorizonの曲は全てにおいて素晴らしい(笑

……大体、大衆音楽であるJ-POPにだって程度の違いこそあれ選り好みが在るんだから、作り出された音楽に対する『温度差』や『好き嫌い』に依存するレビューに僕は価値を見いだせない訳で……っと話がそれましたね。

兎に角、音楽は大きな視点で見れば『表現手段・表現媒体』な訳ですが、別にこれって、音楽に限ったことではないわけです。
同様の性質はライトノベルやポエム、エッセイ等、文章にも当然見受けられるのです。
(尤も、文章の場合文字や言葉による記号性がより強いと思うので、その分極端な選り好みの違いは生じにくいのでしょうけれども)

僕は大別するところのライトノベル書きですけれど、SoundHorizon(というかRevoさん)の様に独自の世界を創造・表現できる彼等は、僕にとって目指すべき高みと言っても過言ではないのです。
無論より多くの人に僕の文章を受け容れて欲しいし、何かを感じ取って貰えれば(それが感動であったり、あるいは唯の娯楽としての感覚であったりするのだろうけれど)それが最良です。
しかし物書きとして、神無月淺日を表現するという点は、大衆性を犠牲にして押し通したとして、それに見合う価値がある事なのです。


『例えば僕がいなくなったって、音楽は奏でられ続けるでしょうし、物語は紡がれ続けるでしょう。
現実問題、さして誰も困らないでしょう。でも、僕は抗いたい。僕の人生は、代替えの利く部品ではない。
日々もがきながらも『小さな幸せ』を感じながら、僕は僕の音楽を創り続けます。
                      ――(Revo氏の言葉:poca felicitaより)』
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
第X走者
2006-03-10-Fri  CATEGORY: 雑感
ⅩⅢ時の拾遺集のあらまさ君からバトンが回ってきました。
文才があるのかは解らないですが、張り切って回答です(笑


Q1◆あなたのHNは?
黒月アサヒ(くろつきあさひ)・神無月淺日(かんなづきあさひ)

Q2◆HNの由来は?
中1の頃、初めてチャットに参加しようとしたとき、何故か頭に浮かんだ名前が「神無月アサヒ」だったのです。。
ただまぁ、その時はカタカナが気に入らなかったので漢字にしようと思ったんですよね。
で、浅日・淺日・朝日・旭とあって、中学の校区に同じ名前の小学校があったので、それが除外、次いでなんか字面が気に入らず、最終的に淺日に。
懐かしくてつい長く書いちゃったけど、あれです、要はフィーリング。

Q3◆差し支えなければ本名も
流石に書くのはどうかと思います。

Q4◆本名の由来は?
本当は『勇一郎』になるはずだったらしい。
が、親父様が「太陽に吼えろの○○○○からとりたい!」と届け出直前にごねたらしく、結局現在の本名になったそうです。
……名前が違ってたら、きっと人生も違ってたんだろうなぁ。
 
Q5◆過去に使っていたHN
今と変わりません。
 
Q6◆過去につけられたあだ名
にょっきとかw
あとは本名の省略とかかな。
あと幼稚園時代に(何故か覚えているのが)ブラックミイラ。
こいつは未だに出所が謎です。

Q7◆今までで可愛いと思った名前は?  
特にないですね……

Q8◆1番大切な恋人には何て呼ばれたい?
好きに呼んでほしいかな。

Q9◆本名とHNどっちが好きですか?
どっちも好きですよ。

Q10◆生まれ変わってもその名前でいたい?
それは僕の決める事じゃないと思います。

Q11◆今まで自分の名前で困ったことは?
特にないです。変な漢字が使ってあるわけでもないですからね。

Q12◆この名前の異性に弱い
天音(あまね)・綾佳。或いは左の名前と同じ読みをする名前。
自分の書いた小説のキャラの名前ですし、下にも書いてるような理由で変な愛着が((
これ以外でも、自分の書いた文章に出てきた名前を聞くと、ん、とか思ってしまいます((

Q13◆子供につけたい名前は?(男女両方)
男なら祐樹か聡(あきら)。
女なら天音。
っていうか、自分がもし子供に付けるならどんな名前がいいか、って考えて付けた名前が祐樹と天音なんです。
考えてみれば、天音と祐樹、この二人とは6年近くの付き合いになるんだなぁ……
とはいえ、文芸部の連中ぐらいにしか分からない話なんだろうけど……
星海とAuthorの後、天使宣言の加筆Upを本気で考えようかな。

Q14◆このバトンを回す人は?
ではみっちさん、どうぞ。
……ってもう回答済みなのかっ!?
えーと、えーと……風見!……もだめなのかorz
どうやらROの付き合いでは僕が最後の方らしいし、うーん……更新とまってるけど、ゆーり嬢は見てるのか……?
見てるなら暇つぶしにどうぞ。めんどくさかったらそれでもかまわないです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
2006-03-08-Wed  CATEGORY: 雑感
丈太郎氏第一志望合格ヽ(*・ω・)ノ

というわけで、二人で楽園パレード上映会。
楽しみにしてましたからねー、彼。
15時頃メールがはいって
「今から(僕の家に)行って良いか?」との事だったので
「待ってるぜブラザー」とだけ返しておいたのですが、しばらくして贈られてきたその次のメールが……

「後一時間ほどで豊橋に着く、そしたら直行する」

おい。
普通そう言うメールは行って良いかどうかを聞く前に送ってくるもんだろうが((
既に周り片付けて飲み物まで買ってきてしまったので後に退けなかった僕は、しょうがないので待つことに。
結局5時過ぎに彼が到着。
おせぇぇぇぇw
まぁ、彼は何時もかわらんなぁ、と生暖かい気持ちになりました。
時間に遅れようが罵倒されようが、彼は常に朗らかおおらか、そこが魅力。
上映が終わった後、彼は大変満足した様子で去っていきました。
ただまぁ、エルのお面だけはどうにもキツそうな様子でみていましたがw
(目の部分が夜店の屋台に出てるような感じなので、それを被ったAramaryさんが歌って踊る姿はかなりシュール)

でも、演出はかなり面白いですよ。
エルの肖像などで薄いスクリーンの中にAramaryさんを配置して、そのスクリーンに画像を投影することで画の中に溶け込ませた様なシチュエーションを作ったり、Sacrifaiceで十字架にかけられるシーンで火が燃えるような演出があったり……
個人的にはArkが好きかな。Aramaryさんが自分の身を抱く振り付け、間奏中よがり悶える演技、Arkをお兄様にブッ刺す演技、「在りし日に~」あたりの獄中で壁に手をどんどん叩き付けるマイムとか。あとはStardastでの「何故なのよおおおおー!」周りでのRevoさんの衣装替えが素敵。
紅→白→黒と順番通りに(笑
クアトロに上映会見に行ったときも思ったけど、Revoさんほんとカッコイイですよ……お茶目だしw

次回ライブがあれば丈太郎引き連れて見に行きます、絶対にw
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
耳鳴り
2006-03-07-Tue  CATEGORY: 雑感
どうもここ最近右耳の聞こえが悪いです。
耳鳴りも多いし……病院に見て貰った方が良いんですかね?

ElysionのDVDが届いたで、猿の要に食い入って見ました。
となりで洗濯物畳んでいた母が「よくわかんない」といっていましたが、まぁそうでしょうねぇ(;
まぁ、そのせいですごい疲れました。
ホントはもう嬉しくて仕方がないんだけどそれを表現する元気がいまありませんw

そんなこんなで今日は就寝(早
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
2006-03-06-Mon  CATEGORY: 雑感
国立落ちたorz

畜生、やっぱりセンターの数学の失敗だろうなぁ……
……でも、受けた大学に執着がなかったので、実は平静。
さて、どうするかね……
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
卒業
2006-03-01-Wed  CATEGORY: 雑感
無事高校を卒業することが出来ました。
いや、正直怖かったです。ホントに卒業できるかどうか((

体育館シューズをどっか持ってかれてしまったので、仕方なく替えの靴を持っていったのですが、
僕は結局他人の昔は居ていた体育館シューズをはいて、持ってきたのは他人に貸しました。
まぁ、その辺は説明すると長いので略。

式の内容は……偉い人のお話は詰まらないことを認識させて頂きました。
でも、答辞は良かったですよ。
答辞をしたのは小学校時代から知ってる男の子だったのですが……いやあ、よかった。
卒業したくなくなる言葉の数々に、柄にもなくちょっと泣きそうでした。

ところで、式の為に廊下に出るとき、前の番号の奴が欠席していることに気付いたのですが、その時は風邪ぐらいに軽く考えていました。
真相が発覚したのが証書を貰った後、誰かがその子に電話を掛けた時でした。

「センセー、あいつ寝坊したって」

( Д )  ゜゜
一同爆笑。最後の最後で美味しいことをしてくれます、N君。
ベタだけど、ほんとにあるんだなぁ、そう言うこと。

で、寝坊したN君を待っている間、文芸部の子にちょっと顔を出してきました。
記念誌と花束、それと手紙。
「あ、あとは小枝が一袋はいってるんで、お腹空いたら食べてください」
や、腹減ったからって小枝二本じゃちょっと……
というのは腹の中に収めて、あとはダラダラしたり漫画返したり、写真取ったりしてました。

そんな感じでどうにかやってこれました。
先程親にちょっと礼だけ言って、此処に座っています。
まぁ合格や進路が確定した訳じゃないので、相変わらずちょこちょこ勉強せにゃならないのですが……

一区切り就いた、そんな感じですかね。
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。