まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
取り急ぎ
2006-08-31-Thu  CATEGORY: 雑感
17:10分時点での『神々の愛した楽園』サンプル耳コピ

ぐぐって検索掛けても反応無かったから多分まだ出てないと思われる。

-----------------------------

(神話は生まれ、伝説は語られ、歴史は唯記された)

-Belle Isle-

(嗚呼、物語は歌うように紡がれ続ける)

死を抱き眠る 暗闇の水面を渡り揺れる焔
その灯火を命と呼ぶなら コトノハは力となるでしょう
いつしかそこに奪う者と 奪われる者が生まれた
たった一つを天秤にかけて 争いは巡るでしょう

故郷を失った子等は忘れない
父の無念を 母の哀しみを
嗚呼 遠き大地を――

少年はやがて剣を取るでしょう
そしてその剣が折れても
またその子等へと託すのでしょう
遙かなる時の祈りを

-Belle Isle-

-----------------------------

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
疲れた……
2006-08-25-Fri  CATEGORY: 雑感
主に肉体的に。
めがっさうにょろーんってやつです。
鶴屋さん可愛いよ鶴屋さん。

まぁ、自習ノートの空きスペースは長門ちゃんラクガキ集と化しているわけですが。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
わはー
2006-08-22-Tue  CATEGORY: 雑感
勉強してません! こんにちは!
何故こんなにテンションが高いかと言ったら、僕の心の師匠あらまさ君からの贈り物が届いたからでして……
ありがとう、あらまさ君! こんにちは、like a mintの新刊!
さなまさんの絵は超好きなのでこれだけはどうしても……と無理を言ってお願いしたのですが……やぁ、良い。特にカラーの塗り方は凄く好きですね。
商業ではなかなかできない塗り方なんだろうなぁ。

昔の同人誌を見てると、彼が如何に試行錯誤を繰り返してるかっていうのが分かって面白いです。
同人は自分の描きたいモノをかけるっていうのが素晴らしいですよねぇ。
全般的に今回は『女の子!』というより、大人しめの書き方が主体だったかな。
それでも満足、ぐふ。

------------------

ついでに応援バナー。
緋色の風車も収録されて居るみたいで今からワクテカしてます。


ページトップへ  トラックバック0 コメント1
相対論に要求されるのは
2006-08-17-Thu  CATEGORY: 雑感
結局の所、客体的な弁論ではなく主観的な意見なのでしょうね。

「こういう言い方も出来るし、ああいう言い方も出来る。どっちも正しい
 ――で、自分はこっちの意見の方が好ましい」

という意見ですね。

例を挙げましょうか。
別に良いんですよ、今この現代において天動説が正しいって言ったって。
衛星のオービタルなんかは惑星・恒星を中心とした円運動でちゃんと表現できるんだから、物理学的に天動説は間違っちゃいないんです。
ただ、地動説と違って座標原点を地球に定めてあるのと式が複雑かつ煩雑かつ奇怪なモノになるだけで。
でも、普段僕達が太陽系、ひいては宇宙を語るときに用いられるのは地動説です。
何故か。直ぐ前で触れましたね。そう、複雑でめんどくさいから恒星を焦点として簡潔に示すことの出来る地動説の方が良いんです。
それに、やっぱり天文学という分野における統一見解は出しておかないと混乱の元ですからね。


もう一つ、今度は思索的な面から。
価値観、という概念があります。
個々人の価値観はどれが絶対的に正しいと言えない以上、ただただ認めるだけでは話や思考が進まないのは考えなくたって分かることでしょう。或いは何らかの自称に対する言い訳ですね。
なにもかも許容して『どれでもいい』というふうになるよりも、いっそ何もかも認めない方が、まだはっきりしていてよろしい気もします。中途半端は良くない。
決まった答えがないからと言って、自分なりの答えを出すための努力を放棄する、その逃げ道に相対論はつかえないのです。
ですので、アイデンティティの確立に相対論を組み込む場合他者に対する観測と他者からの観測の中で、何が自分で何が自分ではないのかを差別化することが必要になってきます。
『コレが自分なんだ』でもいいし、『コレを自分にしよう』でもいい。
統一見解(これこそがアイデンティティなのですが)は自分の中でしっかりと保持・選択する必要があるわけです。

* * *

肝要なのは、何かの目的(思索でも、実際にアクションをおこすでも)の為のどんな方法を取るにせよ、どうも人間は自分自身の頭を捏ねずに物事を進めることができそうにないということ。

まぁ、このありふれた思索に意味があるかといえば、まぁ雑感なので、僕ならこういう書き方をするぜ、と言う提示にすぎないのですけどね。
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
模試・再び
2006-08-12-Sat  CATEGORY: 雑感
高校の後輩に追いつかれて・追い越されそうで非常にビクビクの淺日です。
さて、明日は名大オープン(&コミケ3日目)なわけですが、今日も実は勉強できませんでした。
何というか時間の使い方が下手くそ過ぎました。
具体的には……

8:00…珍しく遅く起きる
9:00…図書館に『僕はかぐや姫』を借りに出発、が、書庫に収まっていたため取り寄せ。手ぶらだったため帰宅
10:30…勉強? 開始
11:30…昼飯、休憩
12:30…24時間テレビボランティアの説明会の為名古屋出発
14:15…中途半端な時間に名古屋に着く。ぶらぶらしつつ名城線で八事日赤へ。
15:00…八事日赤着。相方のearo嬢と待ち合わせまで時間が中途半端に余る
15:40…合流、以後説明会開始
17:00…説明会終了
18:30…豊橋着、妹と合流するまでまた中途半端に時間が余る。
19:10…妹と合流・帰宅
19:45…飯
20:30…現在に至る

と、戒めのために書き記してみました。
うーん、何だかなぁです。

本当はかきたいこともあったのですが、勉強いい加減しないといけないので今日はこの辺で。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ぼくはかぐや姫
2006-08-07-Mon  CATEGORY: 雑感
センター試験中に「ああ、面白いな」と思った小説なのですが、今日思い出して調べてみたら……
出版社が福武書店。
あれ、どっかで聞いたこと在るような……って、ベネッセじゃねえかああああ!!

やはり絶版っぽい、なんてこった。
中央図書館とかにないだろうか……
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
明日は模試
2006-08-05-Sat  CATEGORY: 雑感
模試なんですけど、ラノベ読みまくってたのでさっぱり勉強してませんでした。
まいったね((

さして特別な事がなかったため、何も書かなかったわけですが、敢えて言うなら
・24時間テレビのボランティアに参加が決定
・携帯落として買い換えたから電話帳真っ白
ぐらいですか((

まぁ、取り敢えずテスト明けまたお会いしましょう((
ページトップへ  トラックバック0 コメント0


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。