まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
長文失礼しました
2006-02-06-Mon  CATEGORY: 雑感
そう思うなら纏める努力をしよう。

でも、こういう事を書く人間の投稿した記事っていうのは、大概短く拙いもんなのです(あくまで経験則ね)。
PBWのPL注とかにも言えることだけど、そう言った断り書きを書くことでフォローになる(PCが超失礼な性格の場合等々)こともあるけれど、特に書かなくても良い場合に断り書きが書かれるのは如何な物か。
自分の文章に対して、それ単体では自信が持てないという証拠でもあるわけで……それを丁寧語や免罪符と勘違いしてる人は多い気がしますよ。

でもそういう風潮があるのかなぁ、中学生とかその辺りの年齢層の書き手には。
活字離れや、硬い文章が書けなくなってる傾向は文芸部の子達にもみられたけど、あの年齢層は特にアレなんだろうなぁ。
それ以下になると、文章になってない&礼儀が通ってないっていう別の問題が発生するわけだけど。
(良く言われる厨房っていうのは、実際の中学生年齢では少ないような気がするのです。これも経験則)
よく言われる事だけど、『電子メール・掲示板への書き込み方』ってやつを、形式や使用方法だけでなく、内容自体に突っ込んで教えていく必要はあるんでしょうね。それとかほら、学校内のネットワークにおけるBBSを設置して実習してみるとか。んー、良くはないかな……どうなんだろ。
少なくとも、普通科で数学とかの教員が情報の講義をちょろっと触るぐらいじゃ話にもなりませんよ、と。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。