まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
SHの
2006-02-18-Sat  CATEGORY: 雑感
SSを書くとしたら、何を書こうかな、とふと考えたので、メモ書き程度に記載。

=曲=
 Elysion中のArk。聖戦は好きだが世界観が出来過ぎてるので二次創作が憚られる。

=Arkについて=

・SSを書く上での曲中の解釈として、以下の点をまず前提とする。
 1.世界観は近未来のラボ。記憶・人格、またはそれに類するものの研究機関。
 2.ソロルとフラーテルの関係は、記憶・人格の書き換えによる『歪な愛の記憶』、
 即ち近親相姦の感覚を共有しているとする。
 3.時間軸は『6月の雨の日』→『2月の雪の日』

・SSにおける創作の余地(思いついた順)
 1.『同じ心的外傷』――とは何か
 2.『我々を楽園へ導ける方舟は哀れなる魂を大地から解き放つ』――我々の指す内容。解き放つは恐らく兄の殺害
 3.『冷たい言葉』――兄の妹に対する拒絶と書き換えのプログラムを同列に扱えないだろうか
 4.『信じていたその人に~進行という狂気』――妹の精神的な崩壊の過程。Arkを手にするまでの経緯。
 5.『在りし日に~少女の声色で囁く』――花弁の内容。暗闇に、の部分を妹自身の破滅と捉えることは出来ないだろうか。
 6.『仮面の男が立っていた』――結局妹自身も「楽園(Abyss)」に帰ってしまったのではないだろうか。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。