まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
メモ
2006-07-24-Mon  CATEGORY: 雑感
・LG-ⅡXイクステンデッド・ビフィズス「ビフィズスたん」:
 腸内菌に留まらず、体内世界における病原体の撲滅を目的にビフィドバクテリア属の一種をベースに研究開発された改造乳酸菌。
 体内世界に存在する細菌のバランスを著しく損なうとして破棄が決定されていたが、開発者がその決定になかなか従わず、処分を保留していた。
 が、開発者の甥である大学1年生の青年が、ひょんな事から誤飲してしまい、以後彼の体内世界の平和を守るべく日夜戦うこととなる。
長年の研究成果とも言うべきその能力は凄まじく、整腸能力と複数種の菌に対する殺菌作用を有しているのみならず、マクロファージやT細胞達が発信するサイトカインを傍受し、抗体ライブラリと照合させることで擬似的なB細胞兵器を複製・作成、病原体を攻撃する。
が、その能力故に鳥インフルエンザウイルス等サイトカイン・ストームを引き起こす病原体には弱い。
 自身の任務に対し誇りを持ち、体内世界の平和を守ることで、その世界の主が幸せに暮らせる為の一旦を担えることを喜びとしている。
 敵と見なした病原に対しては決して容赦をすることがなく、それ故に必要以上の殺戮を施行してしまうことも多く、白血球達を始めとする体細胞達からは出しゃばり屋、要らないお節介と非難される事も多い。
 また、喩え共生体であろうとも、ほんのわずかでも病原としてのポテンシャルがある場合も敵と見なしてしまう為、その攻撃が原因となって他の疾病を引き起こしてしまう可能性を秘めた非常に危険な存在でもある。
 体内世界と主の平和のために身を粉にして奮闘する彼女と、それに見合うだけの評価されない自身の行動、自らの持つ危険性の狭間で、彼女は苦悩していく。
 趣味は料理と洗濯とガーデニング。パッチワークなどの細かい作業も(一人でも楽しいから)好き。
 穏やかで人当たり(菌あたり?)、面倒見が良い女の子だが、融通はあまり利く方ではない。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。