まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
少年は剣を
2006-10-06-Fri  CATEGORY: ゲーム・アニメ
一昨日手に入れたのですが、別のことで頭がいっぱいでその事に触れてませんでした。

『タイアップの皮をうまく被ったSHの楽曲』
というのが全体の感想。
算段が狂う、と言っていたのは要するに、CDを買って5thの存在を知らせたかったんだろうなぁ。
Revoさんの楽曲、たまに不思議な(?)展開するので、最初に聞くと違和感を覚えたり(緋色の風車の「森へ至る~」のあたり)したのですが、
それ以外は楽しく鳥肌たたせながら聞いていました(・w・
一番好きなのは緋色の風車かな。
や、ライブの時も思ったけど、緋色の風車はヴォーカル部分も格好いいけど、間奏が何より格好いい。

で。
当然僕も色々と妄想し出すわけですよ。
ジャケットの裏側のあの人とか白いアレとか((
『終端の王』は元より、残り二曲もChronicle 2ndに繋がる曲であるとは思うんだけれど……どうなんだろう。
緋色は、一瞬ベルアイルのデモニカを想像したんだけど、違うよなぁ……馬のSE入ってたし。
魔獣が歴史を食らいつくした、後の話しなのか、先の話なのか……
先ならば聖戦と死神に絡めて妄想を膨らますのも楽しそうだけど、『終端』の「ハジマリの空に浮かべた~」あたりに繋がるなら、後の話になるんだろうし。
うーん、このシングル単体で類推するのは、少し無理がありそう。
タナトスやロスト、11月発売の5thも合わせて位置づけを考えてみよう……
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。