まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
2006-11-11-Sat  CATEGORY: 雑感
Roman発売する前に、僕もちょっとは妄想の片鱗をブログに残しておこうかな……
学習帳とか2chのSHスレで議論されてれば、被ってることもあるかも知れないけど、見てないからそれはわかんないです。

ジャケット絵から入っていきましょうか。

下段、うっすらと見える幾つかの影は、生まれてから死んで骨になるまでの人間の様子、一生の縮図としてみられますね。
その推移は、朝→夜の時間の推移と対応している見たいです。
と言うことは、向かって右側の女の子が朝(生)を、左側の女の子が夜(死)を顕していることになります。まぁ曲名からも明かですが。
外見の酷似した二人を繋ぐ男性の姿。彼は『物語(Roman)』の語り部なのか、或いは物語そのものなのか。
挿絵の中に点在する、楽曲の象徴と思わしき絵の位置関係も、内容と関わってくるのは目に見えていますか。
より中心から離れるほど、ベクトルがそのサイドの女の子が表す者に近付くのかな?

じゃあ、今度はそれぞれの曲がジャケットのロマ子二人と、ロマ男を除いたどの部分に当たるのか、まぁ、わかりやすそうなところから見ていけば
【朝のサイド上段の最端・天使像と人影】→天使の彫像
【朝のサイド下段の最端・葡萄酒と女性】→喜びと悲しみの葡萄酒
【夜のサイド上段の最端・燃える風車小屋】→緋色の風車
見たまんまです。
此処からは少しずつ妄想を膨らませつつ
【黄昏のサイド上段・赤っぽいところ】→焔
【夜のサイド下段の最端】→星屑の革紐
【夜のサイドロマ男寄り・ジョジョ立ちのお兄さん】→見えざる腕
【黄昏のサイドロマ男寄り・向かい合う人影】→黄昏の賢者
【黄昏のサイドロマ男寄り・剣持った人影】→呪われし宝石
【朝のサイドロマ子寄り・なんか持ってる女の子】→美しきもの

根拠? フィーリングですよフィーリング((
朝と夜の物語と11文字の伝言は、Elysionの【エルの楽園】やLostの【mode:Lost】【永遠の少年】と同じ位置づけだろうから、かいてないと思われます。

で、もう一つ。
今出した【11文字の伝言】。どんな内容なんだろう……
安直に考えれば、【其処にロマンは在るのか】あたりなのかも知れないけど、
Elysionの時の『垂直に墜ちれば~』の事もあるし、何か隠されているのだろう。
罠在るっていってたし。
もうちっと、発売前に考えたいね。

……って、歌詞の〆切余裕無いじゃないか! やっべーやっべー、どうしよ……2番かけてないよ……
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。