まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
此処にロマンがあった
2006-11-22-Wed  CATEGORY: 雑感
応援バナーすっかり張り忘れていた、愚かなSH領民
限定版、TSUTAYA特典の歌詞カード(ブックレットっていうよりこっちの方が合ってると思う)と共に入手してきました。
聴く前から既にネタにする気マンマンだったのですが……
もうね、なんというかね。
此処に浪漫がありました。
『1マン2マン3マン4マン5マン浪漫』とか懐かしいネタかませなくなっちゃったじゃないですか。
え、ラッキーマンは古すぎますか、そーですか……(´・ω・`)

一番のお気に入りは『星屑の革紐』
2周目の『星屑の革紐』で不覚にも涙ぐんでしまいました……
何故だ、珍しくノリノリで前向きな曲だったというのに。
ああ、コレがロマン、魂を揺さぶる衝動というヤツですか……っ
ちょっともう、あれ聞くとダメです、泣けてきて……

「見えざる腕」や「呪われし宝石」も面白いと思ったのですが、
「星屑」に次ぐお気に入りソングは「美しきもの」、次いで「黄昏の賢者」ですか。
なんかいい話の曲が多いですね。
「美しきもの」は、『ねぇ...その風景画...綺麗かしら?』っていう問いかけに、哀しみとも憧憬ともつかない続々感が……!
「黄昏の賢者」は聴いてると、感動と言うより、にやけ笑いが……後半はじーんと来るモノがありますがね。

-----

CD全体の構成はLostに近いモノがありますね。
今回のテーマ、『其処にロマンはあるのだろうか?』。
ひいては、『人生(という名の物語)』に基づく11の小品達。
そして例の『ポケベル』の暗号。
それぞれに共通し、かつ多用される単語(「風車」が代表例か)が多いため、先ずはそれらを整理するところからはじめないといけないみたいです。
そしてローランの一族ですか。
その為に、もっと聴かねば、というかもっと何度でも聴きたいですね……

Elysionを最初に聴いた時のインパクトとは違うけど、静かなドキドキ感がある作品なきがします。
不満がない訳じゃないですけどね。
「緋色の風車」のヴァイオリンソロは前のままの方がかっこよかったかな、とか、「見えざる腕」の、『夢から醒めた現実は~』前後の展開は唐突すぎるだろう、とか。
「星屑の革紐」の黒犬と「澪音」の黒犬の関係はどうなのかなぁ、という、コレは純粋な疑問も。
ちょっと、世界観が違いすぎるきらいが……歌詞からして同一視して良い様な気がするけど、腑に落ちない。
何かシンボリックな意味合いと取れないかな……

まぁ、とりとめもなくなってしまったけど、今日はここまで。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。