まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
Romanの曲
2006-11-25-Sat  CATEGORY: 雑感
――っていうのについて。Romanも出たし、つらつら書いていこうかと。

……ふと思ったりするのですが、SHの楽曲に向かうときって、『物語のコンテキスト』に目がいきがちになると思うんです。
そりゃ、難解な比喩や過去作品との関連がちらつけば、物語その物に飛びつきたくなるのは分かるのですが……
そればかりにいきすぎている人がいないか、なんて考えてみたりする訳です。

今回の「Roman」、前回も言った様に、「Lost」に近い構造を取った作品群だと思うのですよね。
全体を貫くテーマ(ストーリーでなく)があって、それに基づいた物語がある……
じゃあ、その物語は一体何を訴えかけているのか。
毎回様々な議論を醸し出すテキスト・コンテキストは、その実、作曲者の描きたい『何か』の表現方法でしかないはずですし、
意味を失えば、旋律と共にただの記号へと墜ちてしまうものなのですよ、きっと。
J-POPとかにありがちなメッセージ性ってのは、確かに凡庸かも知れないけど、『歌謡曲』である以上、真っ正面から向かっていくべきものの一つでもあるはずです。

ストーリーの難解さ、解釈の幅、世界観――
それらを考えた場合、「1st Chronicle」からの進化の集大成である「Elysion」の方が、
「Roman」より出来は良いと思います。
或いは、精錬されている様にはあまり聞こえないけど、世界観として更に特化した「Chronicle 2nd」も、ストーリー性では「Roman」など足元にも及ばない、と言う人もいるかも知れません。

また、ある程度作風が安定してきたSHの楽曲に対し、「Elysion」以前からのファンに「目新しさがない」と言われるのは、仕方のないことなのかも知れません。
でも、そう言った属性が強い故に、「Roman」を聴いた後で感じた、「Elysion」の物足りなさ……
『背徳を紡ぎ続ける恋物語』――でもそれは、『ある程度歳いった人向け絵本』といった具合で、自分に返ってくるモノがあまりない気がするんです。

僕がコンポで「Roman」をかけていたとき(家族は僕がSHのファンだと認知している)、父親が
「この天使の鏡像っていう曲と、葡萄酒の曲好きだなぁ……」
っと言っていたのですよね。
これ以外にも「黄昏の賢者」や「11文字の伝言」……主に、後半に配置された曲の物語の深さっていうのは、多分、親父の世代や、それより少し下の世代のほうが、よっぽど分かるんじゃないかな、と思います。
要するに、そう言うモノです。
僕みたいなSHファンが、ともすればコンテクストを追うことに終始してしまうのと違い、親父はいわば『まともな』聴き方をするんですよね。
案外それが、この「Roman」というStoryCDのベターな聴き方何じゃないかな、と。
結論、「Roman」に描かれた物語を自分なりに構築していくに際しては、
まず、過去作品の絡みとかはひとまず置いておいて、1曲1曲に大してまともに向き合い、
登場人物達の物語が何を訴えかけているのか(を、自分なりに解釈していくべきなんじゃないかなぁ、と思うわけです。
それの結果であるならば、『曲自体に大した意味はない』という結論も一つの解釈として受け容れやすい訳で。(主に僕が:笑)
そう言う意味では、「Roman」は今までのSHの曲の中で、もっとも『普通』なCDなのではないでしょうか。

=追記=

ちなみに、このCDをあらまりさんに歌って欲しいかと問われれば、Noです。
『美しき』だったら、子供っぽい憧憬を。
『葡萄酒』だったら、しっとりした大人の魅力を。
あらまりさんはこのどちらもそつなく、しっかり歌いきるだろうけど、きっとYUUKIさんの『美しき』やREMIさんの『葡萄酒』に比べて魅力は落ちると思うんですよ。
第一、しっとりした歌い方や、単純な歌唱力ではソプラノシンガーのREMIさんが上なんじゃないでしょうか。(低音部は良い勝負かもだけど)
あらまりさんは、すごいし僕も好きだけど、一部が神聖視している程の人じゃないと思ってるので。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。