まぁ日記です 楽しいこと書いたり、馬鹿なことを書いたり、鬱な事を書いたり。 そんな感じで色々と。
黒月回顧録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
最近、相互のリンクをさせて頂いたブログ、ミナモノカガミさんの記事を読んでいたら、
『最近、アニメ何見ただろう……』
という疑問に駆られまして。
ちょっと、思い起こしてみようかと……

(0:05追記。見返したらなんか向こうからして貰ったみたいな書き方してあったので修正。えみえみさん、見てたらごめんね……)
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
DSライトがやってきた日
2006-10-24-Tue  CATEGORY: ゲーム・アニメ
それも二台。
でも僕のじゃありません、妹二人のです。
とはいえ、実際には少し前の話しなのですけれどね……

-----

市内の大型スーパーで、DSライトの抽選販売がありまして……
封華の方が前から欲しがっていた為、以前から、部活中の封華に変わって、並んでおいてやる、と約束していたのです。
並ぶのが一人だと、外れるかも知れないから……と言うことで、その日は親父と二人で並んでいたのですが、折角なので、別々の色に並ぶことに。
(封華の希望だと、アクアブルーか、なんとか、という紺色のどちらかということだったのです)

ですが僕はその時どーも、釈然としない感情を抱いていたのです。
その理由は、更に数日前……
夜中(午後二時頃)、勉強を終えPBWに精を出している僕の元に、封華が僕のDSもって、しょぼくれた顔してやって来たのです。
どうした? と聞くと、封華のばかたれはショボくれた声で

ふーか:「ベッドから落としたら、音が変になった……」

……はい?
えー、封華さん。ソレは要するに、壊したと言うことですか?
頷く妹から、取り敢えず、DSをもぎ取って電源を入れると
ガガガガ、ザ、ザザー、ブツブツッ、ガガー……
「あっははははははは……」
唐突すぎたので、思わずその場は笑って赦してしまった僕ですが、暫く経ったその日、改めて考えてみると、なんだか理不尽だ、と悲しい気分になったのです……
や、良くはいるチャットの人は『可愛い妹のしたことじゃないか、赦してやれよ』と言いましたが、べつに赦さない訳じゃないけど、なんかしっくりこないじゃないですか。
自分の物を手荒くあつかった妹の為に、新品のDSの抽選販売の列に並んでるんですから。
とはいえ、約束は約束です。

もんもんとした気分で、約束を果たした後、しばらくごろごろしていたのですが、親父と母さんが買い物ついでに結果を見に行くと、
ふーか:「お兄ちゃん、両方当たったんだって!」
とのこと。
折角だから、ということで、封華と二人でたぶらかして下の妹にもDSライトを買わせることに成功。
そして今に至る、というわけです……

------

現在はポケモンの通信を和気藹々と楽しんでいます。
ちなみに、音がおかしくなったDSは、いつの間にか復調していて、今のところ何の問題も在りません。
……封華が高いところから落っことしたから、機嫌を損ねたのでしょうかね。
機嫌が直ったのは、あれから通信を遊ぶ関係でプレイ時間が増えたからなのでしょうか……そう考えると、なかなか可愛いと思いません?
中古で買ったDSですけれども、お茶目な愛いヤツです(*・ω・)

と、とりとめもない話題でしたが、今日はこの辺で。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
少年は剣を
2006-10-06-Fri  CATEGORY: ゲーム・アニメ
一昨日手に入れたのですが、別のことで頭がいっぱいでその事に触れてませんでした。

『タイアップの皮をうまく被ったSHの楽曲』
というのが全体の感想。
算段が狂う、と言っていたのは要するに、CDを買って5thの存在を知らせたかったんだろうなぁ。
Revoさんの楽曲、たまに不思議な(?)展開するので、最初に聞くと違和感を覚えたり(緋色の風車の「森へ至る~」のあたり)したのですが、
それ以外は楽しく鳥肌たたせながら聞いていました(・w・
一番好きなのは緋色の風車かな。
や、ライブの時も思ったけど、緋色の風車はヴォーカル部分も格好いいけど、間奏が何より格好いい。

で。
当然僕も色々と妄想し出すわけですよ。
ジャケットの裏側のあの人とか白いアレとか((
『終端の王』は元より、残り二曲もChronicle 2ndに繋がる曲であるとは思うんだけれど……どうなんだろう。
緋色は、一瞬ベルアイルのデモニカを想像したんだけど、違うよなぁ……馬のSE入ってたし。
魔獣が歴史を食らいつくした、後の話しなのか、先の話なのか……
先ならば聖戦と死神に絡めて妄想を膨らますのも楽しそうだけど、『終端』の「ハジマリの空に浮かべた~」あたりに繋がるなら、後の話になるんだろうし。
うーん、このシングル単体で類推するのは、少し無理がありそう。
タナトスやロスト、11月発売の5thも合わせて位置づけを考えてみよう……
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
心のトリガーを引け!
2006-05-30-Tue  CATEGORY: ゲーム・アニメ
予備校の近くのゲーセンにふらっと立ち寄ったら、お店の人が丁度基盤弄くってました。
あー、エグゼリカ今日稼働かー、と思ったらもう予備校の授業の事などすっ飛んでしまいまして……

はい、さぼってプレイしちゃいました。

ついでにピンクスゥイーツ(豊橋では稼働してないっぽいので)もプレイ。
以下感想です。

・ピンクスゥイーツ
仕様機体はグロワール・ドゥ・ミディ・アンド・メイディ。
ぼくッ子ミディが大好きなので((
やってみた第一印象は

なんだこの悪趣味全開メルヘンワールドはwww

カスミはカスミで悪趣味な機体設計ですが、ロージフューチャーの面々も負けず劣らず((
で、ゲーム的な事は、弾が隠れて見えない、なんてことも無くなりましたので、そういう意味で精神的に楽。
ボス戦ではバリアとクラッカーが非常に役に立ちます。
っていうかないとキツイ。
実弾兵器はショットで破壊、ビームやレーザー系の弾はバリアで消去、どうにもならない者だけ避ける、ッて感じでしょうか。
前作に比べて全体的に遊びやすくなってはいますが、決して簡単にはなっていないというのがまた((
ちなみに僕は好きです、この作品。
『楽しい気持ちになるゲーム』
台詞のボイスがウザかったりすることもあるのですが、愉快な曲調といかにもポンコツくさいボスマシンのお陰でまったりした気分になりますw

・トリガーハートエグゼリカ
結論から言っちゃうと、結構楽しいです。
キャプチャーした敵機を別の敵機にぶつけて誘爆させるのが、予想以上に爽快に思えました。
何で誘爆させるか、どのタイミングで誘爆させるか。振り回して高ダメージを狙うか、はたまた盾として使うか……
考えたとおりに決まるとなかなかキモチイイです。
使用機体は機体は白スk……げふげふ、もとい、白のトリガーハート・エグゼリカと、黒のトリガーハートクルエルティア。
なんつーか、擬人化フリーダムあたりにスク水着せたような(あ、言っちゃった)デザインですが、僕自身は擬人化とか割と好きなので問題なかったり。
エグゼリカもクルエルティアも普通に可愛いと思ってしまう自分が此処に。
なので、性能的に使い慣れた広範囲キャラということで決定。
1面のエグゼリカがアップになって飛び去るシーンがかっこえーとか思いました((
一回目はアンカー操作に慣れるのに一杯一杯でしたが、二回目は結構良い感じで誘爆させながら進んでいきます。
と、1面のボスを倒したその後に

「出番の様ね……」

カットインと共に赤のトリガーハート出現! 名前がわかんないですがこの子も良い感じで可愛いです。
そしてそのまま戦闘。でも一面なのでそうたいした事ありません。
……て油断してたらビームユニット(?)キャプチャーするのに夢中で弾の中突っ込んだわけですが((
結局4面中盤で被撃墜。
後で調べてみたら3面でも赤い子出現するみたいなので、またちょこちょこ挑戦したいものです((
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
久しぶりに
2006-05-22-Mon  CATEGORY: ゲーム・アニメ
休日が出来たので、一日『蠅声の王』やっていました。
ゲームブックっぽい(っていうかまんまそれ)な感じに引かれて早速プレイ。

ボリュームはそんなにでかくない&本を読み飛ばすかの如くズルが出来る(例えばゲーム側からの進行の指示を無視できる・戦闘で『勝ったこと』にしておく等)っていうことで、割とさくさくすすみました。
HPとかの管理も、プレイヤーがメモ帳や付属のステータスシートに「直接書き込む」形式でまともにやれば面倒くさいんですが『したければすればいい』ッて感じだったですね。
まぁ、僕はルーズリーフの切れっ端使って割と真面目にやってましたが。
お陰で雑魚にアインが2回も殺されました。HP13しか手に入らなかったのに、クリティカルとかマジ勘弁。
(とはいえ、これらのダメージや初期HPはプレイヤーがさいころ振ってアナログのメモの上で算出&処理する値なのでこれもいくらだってズルできるわけです。HP9999とか、そもそも戦闘も全て勝ったことにして進むとか)

お気楽に遊べて自分的には良い感じです。
まぁ、内容は結構重たかったですけど。

あとはアイテム番号+指定数字のパラグラフのシーン集めか。
(まぁ、残りはアインの絆とコサチの幸福だけですけど)
ページトップへ  トラックバック0 コメント0


余白 Copyright © 2005 黒月回顧録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。